AGAの治療で本来の髪を取り戻す|薬を使った改善方法

髪と身体の関係

櫛と鏡

髪とストレスの関係

生え際が後退してしまったり、頭頂部が薄くなる等、抜け毛には見た目でも分かるほど様々な変化があります。しかも悩んでいるのは中高年の男性だけでなく、更年期を過ぎた女性や若者の間でも増加しています。抜け毛に気付いた時にはもう手遅れになるため、早め早めの対策で髪に優しい生活を心掛ける事が大切です。髪とストレスは密接な関係があり、ストレスの影響を受けると人間の体はあらゆる刺激に対し弱くなります。抜け毛の場合はストレスによって自律神経が緊張すると刺激され、血管が収縮し血流が下がる事で血の巡りが鈍ります。活発な細胞分裂を行っている間は髪は何度も生え変わりますが、血行不良になり栄養不足に陥ると細く抜けやすくなります。

寝る時間に注目

日本人の平均睡眠時間は6時間から7時間とされていますが、本当に大切なのは睡眠時間ではなく眠った時間です。人間の体は毎日細胞分裂を繰り返しており、質の良い分裂を繰り返すと体の復活は早まります。そのため最適な就寝時間に床についているかどうかがポイントとなります。女性にとって髪は大切な一部であり、艶やハリのある美しい髪を維持する事が女性らしさを際立たせます。抜け毛に悩む女性が抜け毛を防止し艶感をアップさせたいなら、ゴールデンタイムを利用すると良いです。ゴールデンタイムとは副交感神経が活発化する、夜22時から明け2時までの間を指します。この時間に寝ると成長ホルモンの分泌が促されるため、細胞分裂が活発になります。